東京情報大学 村上ゼミ・ゼミ生募集

村上ゼミでは、「バイオインフォマティクス研究」と「ヘルスケアアプリケーション開発」を行なっています。主に以下の2つの研究領域に取り組んでいます。

・︎ バイオインフォマティクス研究
生命科学と情報科学が融合した学問分野は、バイオインフォマティクス(生命情報科学)と呼ばれており、実験から得られた生命科学データ(DNAやRNAの塩基配列、タンパク質のアミノ酸配列や立体構造など)をコンピュータで解析し、生命機能の解明や新薬の開発に役立つアプリケーションやデータベースの開発を行っています。

・︎ヘルスケアアプリケーション開発
近年、若年層の減少によって高齢化率が急速に高まるなか、健康であることの大切さに早い段階で気づき、生活習慣の改善や早期受診することは、健康寿命の延伸につながり、ひいては社会保障費の抑制にもつながると考えられています。私たちのゼミでは、健康管理や健康増進、また生活習慣病予防等を目的としたアプリケーション開発、さらに障害者や高齢者等の生活を支援するアプリケーション開発も行なっています。

・︎人材育成
村上ゼミの研究アプローチとして、まず身の回りで起きている様々な問題や課題を自ら見つけ、分析を行い、目的や目標を明確にしていきます(問題・課題の発見能力)。本や論文などを読み「じっくりと考える」時間を大切にしたいと思っています。目標が定まった後は、問題や課題の解決のために必要なデータの収集及び解析を行い、そのデータから何らかの潜在的な傾向や法則性また関連性を導き出していきます(データ収集・解析能力)。そして、それらの「情報」に基づいて問題解決のためのアプリケーションや新たな価値の創造をもたらすアプリケーションの開発を行なっていきます(アプリケーション・システム開発能力)。さらに、開発を行なって終わりではなく、「問題解決・新たな価値創造のスパイラル」(下図)を回すことにより、目標と現状とのギャップを埋めていきたいと考えています。村上ゼミでは、卒業研究を通じて、これらの3つの能力を養っていきます。

 

村上ゼミの研究アプローチ

 

・︎近年の卒論テーマ
・ 分子系統樹を用いたタンパク質間相互作用予測法の開発
・ インフルエンザウイルスのHAタンパク質の多角的なデータ解析
・ 抗原と抗体の結合部位における天然変性領域の特徴解析
・ 薬剤成分と副作用情報を検索するためのWebアプリ開発
・ 複数の認知機能評価スケールを用いた自己診断アプリ開発
・ 複数のうつ病評価スケールを用いた自己診断アプリ開発
・ OpenCVを用いたリハビリシステム開発
・ 感情辞書に基づくレビューの再評価に関する研究
・ 未成年飲酒を防止するためのシリアスゲーム開発 など

現在の学生の研究テーマについては、オンライン文化学術展のページをご覧ください。


個別・グループ面談について

村上ゼミへの配属を希望する(検討している)学生は、必ず個別またはグループ(友人と一緒)面談を受けてください。面談を受けていない場合、ゼミへの配属の可能性が低くなりますので注意してください (原則、選考対象外)。また、申請書の締め切りが12月2日(水)なので、余裕をもって面談を受けるようにしてください。

面談を希望する学生は、メール (ym206508[AT]rsch.tuis.ac.jp ※ [AT]を@マークに変更してください) に連絡してください。その際、以下の面談可能日の表を参考にして、希望する日時を伝えてください。ただし、会議や別の学生が先に面談予約をしているなどの場合、別の日時にお願いすることがあります。面談は、Zoomによるオンライン面談になります。

1時限 2時限 3時限 4時限 5時限
 ○  ○  ○  ○  ○
 火  ○  ×(授業)  ○  ○  ○
 水  ×(授業)  ×(授業)  ×(授業)  ×(授業)  ○
 木  ×  ○  ○  ×(授業)  ×(授業)
 金  ○  ○  ○  ×(授業)  ×(授業)

また、面談をスムーズに進めるために事前に「個別面談書」の作成をお願いしています。面談書はここからダウンロードしてプリントして手書きで記入してください。必ず面談日までに作成しておいてください。

FAQ

Q: プログラミングはそれほど得意ではありませんが大丈夫ですか?
基礎的なプログラミングスキルがあることが望ましいです.ゼミ配属後に,研究目的に応じて必要なプログラミングの勉強をしてもらえばと思います.

Q: ゼミ配属後にどのような勉強をしなければならないのですか?
バイオインフォマティクスでは、基礎的な分子生物学の知識が必要になりますので、「分子生物学」を輪講します。また、ヘルスケアインフォマティクスでは、健康や医療に関連するデータを扱う上で知っておくべき注意点や統計解析またその評価方法等を輪講します。

Q: ゼミ合宿は参加しないといけないのですか?
ゼミ合宿は全員参加です。合宿先で、各自の調査報告や研究テーマの発表を行ってもらいます。

Q: 個別面談は何度かお願いした方がよいのでしょうか?
基本的に1回していただければ十分です。もう一度聞きたいことや質問があれば、アポイントを取ってくれてもよいですし、気楽に声をかけてください。

Q: GPAはゼミ配属の判断基準になりますか?
基本的にGPAだけで採用を決定することはありません.しかし、「計画性」のある学生は,結果的にGPAが高い傾向にあります.

Q: ゼミで一番力を入れたいことは何ですか?
イベント!! いろいろなメンバーとのゼミ活動を通じて、自分の価値観を広げて欲しいです。

 

 

Copyrighted Image